スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パステルなカップ&ソーサー

*******************************************

明日、11日(月)は13:00オープンとなります。

ご迷惑お掛けしますが、よろしくお願いします。

*******************************************


今日は久しぶりにアリカのおすすめをご案内。

春らしいといえば、パステル。

春でなくてもカラフルがアリカの定番でもありますが。



まずはアリカではお馴染みのレトロノリタケから。

今回は1960年代のバックスタンプの入ったもの。
デッドストックの未使用品で状態はバッチリです。

昭和の品とは思えないシンプルさ。

ケーキ皿もセットです。

1024_20150510225758f25.jpg


そして、こちらはデンマークから。
 
Desiree社は1964年からデンマークの伝統的な陶磁器メーカーでしたが、
2004年に廃業となってしまい、希少となってきています。
製作年代は不明ですが、華やかなイエローはとっても個性的。

1023.jpg


そして、カラフルではありませんが、今回、アンバー食器がたくさん入ってます。

その中でも人気のカップ&ソーサーですが、
まず、こちらはアデリアガラス(石塚硝子)のアンバーガラスC&S。
これもアリカでは定番中の定番。

まずこちらは1970年代のもの。
バックスタンプに書いてある、〈Aderex〉はアデリアの強化ガラスのシリーズ。
バックスタンプもぼんやり書かれてますし、気泡もあったり昭和らしい。

1018.jpg



こちらは、『60VISION』という企画から生まれた、アデリア60というシリーズ。
アデリアやカリモク、ノリタケなどの1960年代に人気のあった商品を復刻しています。

ということで、現代もの。
こちらもデッドストックで美品。ガラスの透明感が新しい。

昭和のものと復刻版と見比べてみてください。

1013.jpg






明日は、またオープンが遅れます。

いつもすみません。

月曜日の午後、お時間あればどうぞお越しください。

1001.jpg



スポンサーサイト

オールドノリタケ

今日と明日はセンター試験。

いつもよりちょっと早起きしてお弁当を持たせて見送り。

まさか私の不始末で遅らせるわけにはいかないと少々緊張。

今日に限ってお天気は「雪のち曇り」。初日は滞りなく終わったようです。



さて。aricaもようやく営業開始しております。

仕入れていた陶器たちをせっせとお店に並べました。

年末の仕入れで珍しいものが手に入り、少々興奮気味だった私。

ノリタケの古い平皿です。

いわゆる、オールドノリタケと呼ばれる時代のもの。

しかも、デッドストックの美品。しかも6枚も。

わずかに保管傷はあるものの、ほぼ完品です。

1170055.jpg



このバックスタンプは、明治44年頃~昭和15年頃に作られたもの。

1170058.jpg


色付けといい、花柄の繊細さといい、上質感もあり、すてきなアンティーク品です。


1170057.jpg




こちらは以前からaricaにあったシュガーポット。
平皿とは色合いがちょっと違いますが、とってもよく似ています。


1170066.jpg


こちらのバックスタンプは昭和20年~30年頃のもの。

平皿よりちょっと新しいもののようです。

1170070.jpg



他にもいろいろ陶器など入荷しています。

カフェやレストランの器に、いい感じのものが揃っていますよ。

1170076.jpg




もちろん、年間通して使っていただけますが、冬場はなんとなくストーンタイプだったり、
北欧風のものが多くなってしまいますね。

1170072.jpg





品薄になっていたレトロ生地も少し入りました。

手前に写っているグレー地にオレンジの花柄のものはなんと反物。

もちろん、着物に仕立てるのもよし。創作力を掻き立てて制作するもよし。

1170080.jpg


日曜日も月曜日も通常営業です。

どうぞお越しくださいね。




ARABIA TEEMA

週末は大雨に見舞われた浜田。

梅雨明け前の駆け込み雨でしたね。

気温はさほど高温にならず、今年は少し緩やかに夏を迎えております。



5月に開催しました、三々五々市で「黒を楽しむ展示会」をやりましたが、

そのきっかけとなった、ブラックのカップ&ソーサー。


フィンランドの陶器メーカー、アラビアのティーマのブラックです。

7040906.jpg


このC&S、現行品でも販売されている、人気のライン。

aricaにある、この3つは、希少品なのです。

このteema、すでに廃盤となっているアラビアのもの。


まずは、フィンランドの陶器メーカーのお勉強を。


アラビアは1873年にフィンランドで設立。

フィンランドには、さらにさかのぼって1726年にロールストランドというブランドが
フィンランド王室御用達窯として設立。

アラビアはそのロールストランドの傘下として設立されたブランドなのでした。

(aricaにロールストランドの陶器もあります)

そんな歴史の中、1881年にガラス工場として設立されたのが、イッタラ。

売却と買収を繰り返し、大きくなっていったイッタラが
ロールストランド、アラビアも買収。

今回、ご紹介するアラビアのティーマはイッタラの傘下に入る前の
アラビアのもので、裏印がアラビアのもの。


7040921.jpg


シンプルですが、フォルムも、馴染みやすい微妙な丸みを持っていて
ロングランであるのがわかります。

このティーマシリーズのデザインは

フィンランドを代表するデザイナーの1人、Kaj Franck(カイ・フランク)のもの。

色と形の調和に基づき、シンプルで機能的、無駄のない実用品をデザイン、
フィンランドのデザインの象徴ともいえるでしょう。


そんなストーリーのある、ティーマ。

ヨーロッパの陶器をコレクションするには、持っておいてほしいですね。

7040942.jpg


7月も後半に差し掛かる今週。

どうぞ、お越しくださいね。





到着!ヨーロッパの陶器たち。


良い季節になりました。


とはいえ、ちまたでは、体調不良の声もよく聞きますし、
娘の学校では今さらインフルエンザで学級閉鎖も。

いやはや、寒暖差こそ良い季節なのかも。

充分に自愛して良い季節を過ごしたいものです。



aricaもヨーロッパから新商品が届きました!


今回も一生ものになりそうなステキな陶器がたくさんですよ。



まずは、ドイツの老舗陶磁器メーカー、ローゼンタール社の陶器です。

こちらは、そのローゼンタール社が時代を代表するデザイナーとコラボレートするためのブランド、
「スタジオライン」から。


そのスタジオラインを代表する「Bjorn Wiinblad」((ビョーン・ウィンブラッド)の作品をふたつ。

aricaの仕入れ担当、meitiさんといつもやり取りしているメールでは、仕事ばかりでなく、
お互いに好きが高じてこの仕事・・・が共通していますから、

meiticollectionを時々、見せてもらう中で、ご自宅にステキにディスプレイされている陶器の中でも
ひときわ、私の心をわしづかみしたのが、このビョーン・ウィンブラッドの作品。

ビョーン・ウィンブラッドはデンマーク・コペンハーゲン出身。
この特徴あるイラスト。豊かで愛らしいこの表情はかなり印象的。

そして、aricaにセレクトしてもらったのがこちら。

まずは、赤いイラストのウォールプレート。
こちらは1年間の月に合わせて作られており、これは12月のプレート。

12月は1年間、愛を育んだ集大成。待望のbabyが生まれるストーリーが描かれています。


手前のカップはかなり小さなカップ。

この小ささとビョーン・ウィンブラッドのカラフルなのに、気品のあるイラストがベストマッチ。

小さな花瓶にしてもいいですね。

5120592.jpg



そして、マグカップといえば、イギリス。
奥の水色のふたつはいつものStaffod Shire Pottaeries社のもの。

この色合いとサイケデリックなお花がかなりかわいいですよ。

手前の色違いなかわいすぎるデザインのものはイタリア製。

イタリア製マグは、かなり珍しいようです。

どれも60~70年代のものです。


5120585.jpg



こちらはフランスから。

ミルクガラスのエッグスタンドはアルコパル社製。

色合いも形もイラストもそれぞれ違っていて、揃えて並べたいです。

針山や小物入れに、もちろん、朝食のゆでたまごのお供に。


5120594.jpg




デンマークからは風景小皿。

こちらは、壁掛け用のもの。どれも、デンマークの観光地の風景が描かれています。

こちらも、小さいのに、精巧で、ミニチュア好きさんをくすぐります。


5120590.jpg



この絵皿はアラビア社のもの。

絵皿ではなく、もともとはソーサー。
ですが、あまりにもすてきなので、絵皿として飾っても見劣りしません。


5120586.jpg


たくさんの方に見てほしいヨーロッパの陶器たちです。

どうぞ見にお越しくださいね。







今週の日曜日は、江津の大イベント、「ふらり」です。

出店の皆さんも遊びに行こうと楽しみにしている皆さんも、今年こそは晴れろ!と祈っておられることでしょう。

私は裏方でのお手伝いの日です。


イベントを作るのは、当日にはなかなか見えないいろいろな準備があってのこと。


先日は、出店者さんとスタッフとで本町のお掃除。

51105769.jpg



5110582.jpg



5110574.jpg



5110575.jpg



5110573.jpg



町をきれいにして当日を迎えます。

今回も楽しい企画がたくさん。

1日楽しめるふらり。

どうぞお越しくださいね。



0414_fulaRe_01(.jpg




レトロカフェな陶器


4月。桜の季節。

今年はつぼみから開花までが早かったですね。

日本人だから桜が好きなのか。

春が来たとわかるから好きなのか。

たぶん、私は後者。やっと冬を抜け出した証明ですから。


4020364.jpg


押入れは、アリカの新入荷を並べてみました。


今回は、新生活に。新しい季節に陶器はいかがでしょう。

レトロな喫茶店を思わせるラインを取り揃えてみました。


3310343.jpg




まるでチョコレートなC&S。ソーサーは、まるでチョコレート。

ちょっと小さ目なデミタスサイズです。

3310345.jpg



これは、まさに。

シルバーのアイスクリーム皿。
おうちのおやつのアイスクリームにぜひ!

ブラウンサークルの平皿も味がありますよ。

3310344.jpg



アリカに珍しく、こちらはセット販売。
(左後ろの陶器ジャーは別売りです)

ダークなブラウン。大きさもジャストサイズで使いやすさもよさそう。

3310346.jpg




レトロなカレー皿。シチュー皿。

文句なしのおススメ。

雰囲気バツグンにレトロです。

3310341.jpg



こちらは、アデリア60ルックシリーズのリバイバル品。

箱入りの完品。


3310348.jpg




コーヒーカップフリークの皆さんも。

レトロ好きな皆さんも。


一見の価値あり(・・・のはず)

どうぞお越しくださいね。

プロフィール

arica inouezakka

Author:arica inouezakka
島根県浜田市の
輸入雑貨・レトロ雑貨・
絵本・文房具のお店です。



Instagram



*arica 井上雑貨店*
  浜田市松原町255
  0855-28-7843

カレンダー
アリカ 営業案内

  営業日 

  金・土・日・月 

  休業日 

  火・水・木
               
 営業時間

 11:00~17:00             

 6月営業日  

今月は不定期営業となります。 

          

          
  
         

         
  
        

        

                

        

        

        

        

      
   
   

        
         

   
mail
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。