三々五々市開催します。

久しぶりの出張版「三々五々市」のお知らせです。

今回の三々五々市は恒例の江津・本町kichiでの開催です。


三々五々市は、aricaが声を掛けさせていただいた、作り手さんたちが集まります。




三々五々とは・・・

人がそこかしこから少しずつ集まってくるさま

人々がちらほら道を行(歩)くようす






その名の通り、のんびり来ていただいて、ゆっくり観ていただきたいというイベントです。

いつもの三々五々市のほうは、

ブリザーブドフラワーの「bonheur」さんのアレンジワークショップと、

「cafe gallery PO」さんのフレーム(写真立て)のワークショップがあります。


kuro70.jpg






そして、三々五々市の特別企画として、「黒をたのしむ展示会」も開催します。

それぞれが「黒」をベースに作品を出展します。

これは、正直、私がすっごく楽しみにしている企画。

皆さんにお願いしたテーマは「黒」ということ。

真っ黒もあり、モノクロもあり、カラーの中の黒もあり。

いったいどんなものが集まるのか。楽しみすぎ。

aricaも黒にまつわる古道具を集めてみます。こちらもお楽しみに。

黒企画では、「chiffon たまご kid`s」さんとaricaのコラボスイーツも計画中。

そのコラボスイーツ、「豆茶香」さんともコラボ。

kuro90.jpg



三々五々市も黒を楽しむ展示会もほぼ販売しますが、

とにかく、ゆっくり観てください。

ゆったり楽しんでもらいたいです。


6月最初の土日は江津・本町kichiへお越しくださいね。



報告とか。お知らせとか。

****************************************

23日(金)は13:00からの営業となります。

ご迷惑お掛けしますが、よろしくお願いします。

****************************************






日中は20℃を超える日も多くなりました。

一雨ごとに雑草もぐんぐん伸びて、虫も出て 庭に出るのは今のうち。

蓮さんで購入した、なんて名前なのかわからないけど2年越しの多肉も花を咲かせました。

5170606.jpg


他の多肉たちも神秘的なお花を咲かせています。

5170609.jpg


5170612.jpg




さて。先日の18日は「ふらり」に。

私はスタッフとして参加しておりました。。。

今回は特別企画もありで、とんでもない混雑でございました。

江津市民の皆様にも色々と処々でご迷惑なぞお掛けしていたのではと思うくらい。

イベント開始の10時にはすでにこの行列。

5180620.jpg


そして、これが、話題だった「パンまつり」のパン。

5180617.jpg



会場は時間制限、お買い上げも個数制限でしたが、手にすることができなかった方も
多かったと聞いています。


「パンまつり」、次回はもっと盛大にあるといいですね~。

5180618.jpg



「ふらり」会場の笑顔。

お団子娘さんたち。本部での笑顔です。

5180616.jpg


「ふらり」のボス、梅田さんの笑顔。

5180615.jpg


ぶれぶれですが、こちら、「ふらり」の隊長。

疲れを見せずの笑顔です。

5180640.jpg


そして、すべて終わって反省会。

疲労困憊ですが、でも充実感からか笑顔が見られますね。

5180642.jpg


よく働いた若者たち。

いい笑顔です。

51800644.jpg


そして笑顔大賞は。

「ふらり、楽しかったよ!」かな。


5180633.jpg




そして、今週末のお知らせ。

はまだおやこ劇場さんから。

25日にある人形劇のお知らせです。

アーノルド・ロベールのおはなし、「ふたりはともだち」

おとなも楽しめる絵本ですから、人形劇も期待大!

おやこ劇場さんは会員制なので、今回、入会すると、

いきなり、見れちゃう。そして、今後も舞台が続くので満足度も大!

ということで、今が入会しどきだそうですよ。

ちなみに私も会員さん。

生の舞台はいいですねえ。子どもたちの想像力は、こんな経験から広がるのです。


5190645.jpg



aricaは今週は通常営業です。

(明日、金曜日は13:00始まりですが。)


どうぞお越しくださいね。

到着!ヨーロッパの陶器たち。


良い季節になりました。


とはいえ、ちまたでは、体調不良の声もよく聞きますし、
娘の学校では今さらインフルエンザで学級閉鎖も。

いやはや、寒暖差こそ良い季節なのかも。

充分に自愛して良い季節を過ごしたいものです。



aricaもヨーロッパから新商品が届きました!


今回も一生ものになりそうなステキな陶器がたくさんですよ。



まずは、ドイツの老舗陶磁器メーカー、ローゼンタール社の陶器です。

こちらは、そのローゼンタール社が時代を代表するデザイナーとコラボレートするためのブランド、
「スタジオライン」から。


そのスタジオラインを代表する「Bjorn Wiinblad」((ビョーン・ウィンブラッド)の作品をふたつ。

aricaの仕入れ担当、meitiさんといつもやり取りしているメールでは、仕事ばかりでなく、
お互いに好きが高じてこの仕事・・・が共通していますから、

meiticollectionを時々、見せてもらう中で、ご自宅にステキにディスプレイされている陶器の中でも
ひときわ、私の心をわしづかみしたのが、このビョーン・ウィンブラッドの作品。

ビョーン・ウィンブラッドはデンマーク・コペンハーゲン出身。
この特徴あるイラスト。豊かで愛らしいこの表情はかなり印象的。

そして、aricaにセレクトしてもらったのがこちら。

まずは、赤いイラストのウォールプレート。
こちらは1年間の月に合わせて作られており、これは12月のプレート。

12月は1年間、愛を育んだ集大成。待望のbabyが生まれるストーリーが描かれています。


手前のカップはかなり小さなカップ。

この小ささとビョーン・ウィンブラッドのカラフルなのに、気品のあるイラストがベストマッチ。

小さな花瓶にしてもいいですね。

5120592.jpg



そして、マグカップといえば、イギリス。
奥の水色のふたつはいつものStaffod Shire Pottaeries社のもの。

この色合いとサイケデリックなお花がかなりかわいいですよ。

手前の色違いなかわいすぎるデザインのものはイタリア製。

イタリア製マグは、かなり珍しいようです。

どれも60~70年代のものです。


5120585.jpg



こちらはフランスから。

ミルクガラスのエッグスタンドはアルコパル社製。

色合いも形もイラストもそれぞれ違っていて、揃えて並べたいです。

針山や小物入れに、もちろん、朝食のゆでたまごのお供に。


5120594.jpg




デンマークからは風景小皿。

こちらは、壁掛け用のもの。どれも、デンマークの観光地の風景が描かれています。

こちらも、小さいのに、精巧で、ミニチュア好きさんをくすぐります。


5120590.jpg



この絵皿はアラビア社のもの。

絵皿ではなく、もともとはソーサー。
ですが、あまりにもすてきなので、絵皿として飾っても見劣りしません。


5120586.jpg


たくさんの方に見てほしいヨーロッパの陶器たちです。

どうぞ見にお越しくださいね。







今週の日曜日は、江津の大イベント、「ふらり」です。

出店の皆さんも遊びに行こうと楽しみにしている皆さんも、今年こそは晴れろ!と祈っておられることでしょう。

私は裏方でのお手伝いの日です。


イベントを作るのは、当日にはなかなか見えないいろいろな準備があってのこと。


先日は、出店者さんとスタッフとで本町のお掃除。

51105769.jpg



5110582.jpg



5110574.jpg



5110575.jpg



5110573.jpg



町をきれいにして当日を迎えます。

今回も楽しい企画がたくさん。

1日楽しめるふらり。

どうぞお越しくださいね。



0414_fulaRe_01(.jpg




The cup and saucer retro Mother's Day




こんにちわ。

ハリネズミのぽんずです。

わたし、寒いのと暑いのが大の苦手なので、今はずいぶん過ごしやすくていいわ~。


若い頃は滑車で回るの大好きだったんだけど、

最近は運動不足で太っちゃって。

家族には、運動しろって言われてるんだけど。

いつもおんなじえさだけど、これがおいしいのよ。

はずかしがりやだから、いつもおうちの中に隠れてるのに、

無理やり写真撮られて恥ずかしいわ~。

5030500.jpg






・・・・・あ、久しぶりのぽんずさんの登場で始まりました。


失礼しました。



さて、お休み続きだった、アリカ。


今週は、レトロなcup & saucer を集めてみました。



5060565.jpg








今回は、ノリタケ、ナルミ、ニッコーと昭和の cup&saucerを代表するメーカーが揃いました。

アリカの定番、ダブルフェニックスシリーズ、今回は四角いソーサーですよ。




5060567.jpg





昭和のcup & saucer、凝っているものが多いのが魅力のひとつ。

奥に見える、きらきら系の脚付のものは「ラスター彩」といって
昭和30年代~40年代に大流行しました。

なんだか冗談みたいにキラキラのハデハデですけど、

黒いコーヒーやブラウンの紅茶を入れるとこれが、なかなかよいのです。


ナルミはブルーフラワーのデミタス。ナルミのデミタスは本当にかわいいですね。

ノリタケ、今回はグロリアシリーズの湯呑みとケーキ皿。

お母さんの日にこれで、大福とおいしいお煎茶なんか、いいかもしれません。



5060568.jpg


日に日に最高気温が上がりつつある今日この頃。


どうぞお越しくださいね。



明日、6日(火)は営業です。

ゴールデンウィークも残すところ1日となりましたね。

今年は、いいお天気具合で田植えや畑仕事もはかどる連休だったでしょうね。

前半の連休もアクシデントでお休み。後半の連休も私用でお休みのaricaでした。

ずっとお休みばかりでご迷惑お掛けしました・・・






1日だけ出掛けましたが、人混みはキライなので

テーマは「島根の道をゆく」




信号もない、県道を走ると、森のトンネル。



5040515.jpg






国道は車も多めですが、1本裏道に入ると、車は1台もおらず・・・

このなだらかな直線をゆっくり進みます。


5040517.jpg





原っぱには牛が。

右下に写っている牛さん、ずっと何か話しかけているようでした。

50.jpg




長女が以前お世話になった窯元へ。

窯出しを終えた作業場は大仕事を終えた感が漂っていましたね。

5040506.jpg




そして、だれもいない海へ。

たった1年だけど、島根を離れた娘は、かっこつけて懐かしむのでした。。。

島根はやっぱり迫りくる山々と広い海だ。と申しておりました。


5040557.jpg


明日は最後の1日。

明日は火曜日ですが、アリカは通常営業します。

お出かけも終わってお時間あれば、どうぞお越しくださいね。



プロフィール

arica inouezakka

Author:arica inouezakka
島根県浜田市の
輸入雑貨・レトロ雑貨・
絵本・文房具のお店です。



Instagram



*arica 井上雑貨店*
  浜田市松原町255
  0855-28-7843

カレンダー
アリカ 営業案内

  営業日 

  金・土・日・月 

  休業日 

  火・水・木
               
 営業時間

 11:00~17:00             

 4月営業日  

今月は不定期営業となります。 

          

          
  
         

         
  
        

        

                

        

        

        

        

      
   
   

        
         

   
mail
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク