掛け時計

梅雨のジメジメと共に気温は少しずつ上昇していますね。

今日のお休みは初老の身体のメンテナンスに・・・

メンテナンスをしてくれるのは
以前、同じ仕事をしていた彼女。現在はご主人のご両親の介護中。

デイサービスに出掛けられているわずかな時間に自分も息抜きだからと
請け負ってくれています。
今日はランチのおもてなしまで...

おもてなし

出来る範囲の事を上手に利用してできる彼女。
今は介護という大きな役割を担っていてストレスもあるでしょうに
逆に励まされる私。
自分の体たらくを反省するのでありました・・・
ごちそうさまでした(*^^)v




さて。
aricaの新入荷です。

掛け時計


懐かしい掛け時計です。


AICHI


こちらは比較的新しい昭和中期以降くらいのものと思われる
AICHI時計の掛け時計。
カレンダー付きがうれしいですね。


SEIKO


こちらはSEIKOの掛け時計。
現在はセイコーホールディングスという日本を代表する時計メーカーですが、
これは当時「精工舎」として作られていたもの。

SEIKOは1892年(明治25年)創立。
家内工業的製造から動力を導入。10年ほどで国内トップクラスにまで成長しました。

シンプルだけど、風格と気品のある表情がとてもステキですね。

AICHI時計もSEIKO時計もちゃんと時を刻んでいます。
手動巻きのため、愛嬌程度の誤差はありますが、
それも時代の技術の範囲ということで。

もちろん「ボーン、ボーン」と時報を知らせています。
忘れかけたアナログの音も心地よいですよ。


そしてこちらもレアな一品。

ビスコ


ビスコの缶です。


ビスコ3



グリコのマークは何度か変わっているのですが、
このマークが使われていたのは昭和3年から昭和20年まで。

60年以上前のものということになりますね。
グリコは1921年(大正10年)に創業。
看板商品の「グリコ」は創業者の江崎創一さんが牡蠣に含まれるグリコーゲンを
育ち盛りの子ども達の栄養源にとキャラメルに含んで栄養菓子として発売したそうです。

そして昭和8年に発売された「ビスコ」は「グリコ」に続く栄養菓子として
大阪工業大学の教授に依頼して開発された酵母入りビスケットです。

酵母は胃腸の働きを助け、この酵母が加熱によって壊されないよう
ヤシ油を添加したクリームをサンドしたのです。

私も良く、食べましたが、こんな奥深いお菓子だったのですね。

ちなみにこの「ビスコ」という名前は酵母入りビスケットを縮めた
「コービス」をもじって付けられたそうです(^_^)

缶フリークの私もこれはイチオシです。


そしてこんなかわいい古道具も。


ちゃぶ台


超ミニミニちゃぶ台です。

どれくらい小さいかというと、


ちゃぶ台3


これくらい。

一人用には十分の大きさです。
しかも・・・


ちゃぶ台2


ちゃんと足が折りたためますよ(^^)v
天板が白く塗装されているのがかわいさを倍増しています。


他にも、


一輪挿し


レトロポップな一輪挿しや、


ピッチャー


ちょっと大ぶりなピッチャーも。
こちらも一輪挿しにしてもかわいいですね。


どうぞお越しくださいませ?(^^♪










関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

arica inouezakka

Author:arica inouezakka
島根県浜田市の
輸入雑貨・レトロ雑貨・
絵本・文房具のお店です。



Instagram



*arica 井上雑貨店*
  浜田市松原町255
  0855-28-7843

カレンダー
アリカ 営業案内

  営業日 

  金・土・日・月 

  休業日 

  火・水・木
               
 営業時間

 11:00~17:00             

 5月営業日  

今月は不定期営業となります。 

          

          
  
         

         
  
        

        

                

        

        

        

        

      
   
   

        
         

   
mail
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク