スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅日記 ? ?ソウル・韓国な風景の巻?

手前味噌ではございますが、期待を裏切られ、150%楽しかった韓国。
島根からの旅では距離は東京の半分。
一番近い海外旅行です。
5話完結です・・・(-_-;)   ながっ!
韓国に興味ありの方はチラ見してみてくださ?い(^^♪



まず、韓国に到着して目に飛び込んでくる、ハングル語の看板。


ハングル看板

あれ?韓国って、漢字の文化もあったはず。
と、思いきや、ガイドさんのお話で今、韓国はハングル語表記を推進し、
漢字は名前の表記のみになっているそうです。


古い洋服店

唯一、1軒だけ古い洋服屋さんが漢字表記でした。

お陰でお店も雰囲気で察することもできず、何屋さんかもわからない・・・
大丈夫なのか。この旅。

そうだ。何をしに韓国に来かっていうと、娘のハングルの実践も兼ねていた・・・

処々で、娘に
「何て書いてある?」  「これ、何屋さん?」 「どういう意味?」

と尋ねまくりました。彼女の理解度は30%程度。
それでも、かなりお役にたってくれました。

韓日併合


最初に見たこのポスター。
韓国と日本には悲しい過去があるのですね・・・
一瞬、観光気分がきゅっと引き締まりました。
忘れてはいけない過去。でも、乗り越えて、歩み寄ることが出来る。
今の時代に残された課題ですね。


移動はほとんどタクシー。
3人での行動でしたので、タクシーの方がポイントで動けるし、
何より、安い。初乗りが2400ウォン(約168円)。
だいたい10Km圏内は7000ウォンくらいで行けました。

まず、びっくりは韓国の運転のアクティブなこと。

車2

こんな風にスポンジみたになのが貼ってある車をよく見かけたのですが、
それくらいぶつかっちゃうんでしょうね。

アクティブになっちゃう理由は。

道路


この広い道路。片側4車線は当たりまえ。
広い所では片側6車線、両方向12車線なんて所も。
だから、右折や左折もタイヘンですから、
6車線中、1車線はUターン専用の道路になっていました。

光化門


ここは光化門というところ。

車線の真ん中には大きな歩道?スペースが。
真ん中に見える金色のおじさんはハングル文字を作った人だそうです。(娘情報)

とにかく、車の量が尋常ではない・・・
ガイドさんによると、東京の三分の一の面積のソウルは排気ガスの公害は
東京の3倍だそうです。

車も多いけど、バイクも多い。

バイク

これは東台門市場付近。

バイク2

ガス屋さんもバイクでプロパンガスも運んじゃう。

バイク3

日本でいう、軽トラの役目のバイクな訳ですね。


そして、次にびっくりしたのは、
以前、韓国でホームステイしたことのある娘が、
「韓国はトイレにトイレットペーパー、流しちゃいけないんだよ」と。

でも、どこにも書いてないし、ガイドさんもそんなこと言ってなかったし。
と、トイレに行くと、ペーパーのごみがいっぱい入っているゴミ箱が
どこのトイレにも置かれていて。

旅行中、本能で何度か便器にペーパーを入れてしまいましたが、
つまることはなく。

基本的にはペーパーの質がよくないため、詰まってしまうので
トイレに流してはいけないようです。
でも、現在はトイレの機能もよくなって流してもいい所も多くなっているとか。

最後の日のトイレに堂々と貼ってありました。

トイレ


日本人観光客はこの事実を知っているのだろうか・・・

韓国の経済状況、お給料は日本の約半分くらいだそうです。
食べ物などはやはり安いなぁと思いましたが、衣料品や雑貨類は
日本とそんなに違いはなく、観光地用の値段なのでしょうか。

明洞という日本でいう、渋谷のような街はたくさんのお店がひしめき合っていて
急速な発展を遂げている韓国を目の当たりにしました。

外国製のものはやはり割高感はありますね。
特にコーヒーが高いそうです。

悪くすると、夕食を食べたあと、カフェに行ってコーヒーを飲むと
夕食と同じくらいの値段でコーヒーを飲むことになるそうです。

カフェ2

でも、その割りに町にはいたるところにカフェが。

カフェ

ダンキンドーナツがとにかくたくさんありました。


ダンキンドーナツ


今回、一番お気に入りだった場所、駱山(ナクサン)。
マロニエ公園からずっと歩いてみました。

海はありませんが、神戸の山手を思わせる感じ。

閑静な住宅街ですが、高台から見下ろすと、

キムチ壺

屋上にはキムチ壺が洗っておいてありました。

そして、使い終わった壺は・・・

ナクサン2

植木鉢に。
日本では、発砲スチロールのとろ箱、よく植木鉢になってますが、
それと一緒ですね。


とうがらし

町を歩いていると、とうがらしが干してある風景も。
家庭菜園にもとうがらしがいっぱいなっていました。

南大門市場、東台門市場と両方行って見ました。

南大門市場

南大門市場は衣料品が主。

南大門市場4

お直し屋さんなのか、ここで縫製しているのか、
通りの間にミシンがずら?っと並んでいて、お客さんが待っていました。


そして、こちらは東台門市場。
こちらは主に食品です。

東台門

通路の真ん中はずっと屋台のようなお店が。

東台門市場3

どんな、売り方でしょう・・・選べませんて。

東台門市場2

これは婚礼のお祝いの飾りを作っているお店。
おじちゃん、写真も撮っていいよって言ってくれました。

と、これが、私の観た韓国だな?の風景でした。

次回は『アートな韓国の巻』です(^^)v







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

arica inouezakka

Author:arica inouezakka
島根県浜田市の
輸入雑貨・レトロ雑貨・
絵本・文房具のお店です。



Instagram



*arica 井上雑貨店*
  浜田市松原町255
  0855-28-7843

カレンダー
アリカ 営業案内

  営業日 

  金・土・日・月 

  休業日 

  火・水・木
               
 営業時間

 11:00~17:00             

 6月営業日  

今月は不定期営業となります。 

          

          
  
         

         
  
        

        

                

        

        

        

        

      
   
   

        
         

   
mail
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。