スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国旅日記 ?アートな韓国の巻?

旅日記続編です。
ご興味のある方はどうぞご覧下さいませ(*^^)v


今回は旅のメイン、そして、期待以上にうならせてくれた韓国をご紹介。

まずは、日本でも、カフェといえば、色々なセンスのカフェがたくさんありますが、
今回行ったカフェはセンスもさることながら、オーナーさんの人柄がgood!

最初に行ったのは、安国(アンググ)にあるブックカフェ 『soul collection』

soul collection

地下に降りていくのですが、
入り口付近は電気工事中でど真ん中に脚立を立てて工事をしておられました。

私はこりゃ、お休みなんだとあきらめていましたが、
さすが、年の功、母がゼスチャーで「入っていい?」と聞くと、
「いいよ!」ですって。
これもお国柄なんでしょうね。工事中に何度か遭遇しましたが、
日本でみる、工事現場にある衝立など何にもなかったですから・・・

soul collection2

お店の名前の通り、
韓国の写真集や、歴史の本、絵本、DVD、とセレクトされた本がぎっしり...

soul collection3

ライトはこんな韓国らしいハスの花の形(^^♪

soul collection4


こちらがオーナーの奥さん。
かたことの娘の韓国語に丁寧に丁寧に、答えてくださっていました。

soul collection2

soul collectionさん、日本人向けにこんなFREE雑誌も創刊しておられました。
私も韓国語の絵本を見つけて購入。
偶然、見つけたお店でしたが、収穫大でした。

そして、もう1件、素敵なカフェに。

bookscooks.jpg

人気観光スポット、鍾路区(チョンノグ)にある、『BOOKS COOKS』
こちらも偶然に、ブックカフェ。


bookscooks2.jpg

鍾路区という地域は古い街並みが多い地域で、このお店の建物も
100年以上は建っているという古い建物をすてきにリフォーム。

天窓のしたが厨房とカウンター。

bookscooks3.jpg

ディスプレイも韓国の古道具を素敵に・・・

bookscooks4.jpg

半分くらいは日本語の料理本でした。
聞いてみると、オーナーのお姉さまのご主人が日本人で料理のお仕事だそう。
なるほど。

ここでもたくさんお話していただいて、楽しいひととき。
こんなくつろげる空間って、旅の途中にはうれしいです!

続いては雑貨屋さん。


MMMG.jpg


こちらも安国近くにある 『MMMG』

この雑貨屋さんは韓国で人気の雑貨屋さんで韓国に何店舗も展開。

オリジナルの雑貨とカフェも。

MMMG3.jpg
MMMG2.jpg

素朴感たっぷりのかわいらしいお店でした。


そして、私が一番楽しみにしていたのは 『NANTA』

NANTA

1997年からのロングラン、ノンバーバルパフォーマンス(台詞のないパフォーマンス)。


NANTA3

ほんとに笑い転げました!(^^)!

NANTA2

明洞公演を見たのですが、たまたま女性の出演者は日本人。
偶然にしても、日本人がここでもがんばっている姿を見て、感動しました。

日本もそうですが、今どき=欧米化というイメージですが、
韓国はそんな中にもかならず韓国がある。韓国の良さを生かしている。
という感じでした。

見習いたいですね。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

arica inouezakka

Author:arica inouezakka
島根県浜田市の
輸入雑貨・レトロ雑貨・
絵本・文房具のお店です。



Instagram



*arica 井上雑貨店*
  浜田市松原町255
  0855-28-7843

カレンダー
アリカ 営業案内

  営業日 

  金・土・日・月 

  休業日 

  火・水・木
               
 営業時間

 11:00~17:00             

 6月営業日  

今月は不定期営業となります。 

          

          
  
         

         
  
        

        

                

        

        

        

        

      
   
   

        
         

   
mail
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。