Noritake & NIKKO

この週末は全国的に寒波到来でタイヘンな様子。

島根は大きな影響はなく、いつも通りの雪模様程度。
今日は雨の率が高く、冷たい雨でしたね。。。


今日は新しいレトロ食器のご紹介。


まずは久しぶりのノリタケ。

珍しくセットで入荷です。(もちろん、1点販売です。)


こちらのノリタケのバックスタンプには「千趣会」の文字も。

「千趣会」は、現在の「ベルメゾン」という頒布通販。

始まりは1955年、こけし人形を普及させる目的で始まったそうです。
会社の名前が「こけし千体趣味蒐集の会」だったのを省略して「千趣会」に。
単純と言えば単純。でもこれが、大ヒット。現在のベルメゾンになったのですから。

と、話はそれましたが、その千趣会とノリタケのコラボ。

温かみのある白にやさしい黄色の花が古くさくなく使いやすそうですよ。
さすが、主婦層をターゲットにした千趣会。趣味がよろしいです。

2070131.jpg




こちらノリタケはちょっと古いもの。

バックスタンプから、1922年頃のものと思われます。
1920年までがオールドノリタケと言われる時代ですから、
その直後に作られた輸出用のシュガーポットでしょうか。

デッドストックでとても綺麗な状態です。

ノリタケフリークのみなさん、1920年代ものもひとつコレクションに。

2070134.jpg




そして、ニッコーは、ダブルフェニックスシリーズから。

今回、思わず、「おぉぉ」と声をあげてしまった一品。

昭和30年~40年代と思われるものですが、このピンクには思わず目を奪われます。
西洋を強く意識したこのカップ、昭和レトロの逸品です。

2070129.jpg


こちらもダブルフェニックス。

打って変わってやさしいデザインのスープカップです。
ソーサー付のスープカップ、これでカフェオレもいいかも。。。

2070122.jpg



こちらもダブルフェニックス。

アリカではお馴染みの風景柄。

しかし、これは、何度仕入れても飽きが来ないステキな出来栄え。

本当に大好きです。私。

今の季節はぜひココアで。

2070125.jpg


ノリタケ、ニッコー以外にもレトロ食器いろいろ入っています。

こんな横長なお皿、昭和にはよくありました。

これでコロッケなんておいしそうに盛り付けられそうですね。


手前の小皿は小皿なのにちょっと深みがあって使いやすそうです。

2170137.jpg



明日も天気は悪そうですが、気温は高めだから雨かな・・・

足元悪いですが、どうぞお越しくださいね。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

arica inouezakka

Author:arica inouezakka
島根県浜田市の
輸入雑貨・レトロ雑貨・
絵本・文房具のお店です。



Instagram



*arica 井上雑貨店*
  浜田市松原町255
  0855-28-7843

カレンダー
アリカ 営業案内

  営業日 

  金・土・日・月 

  休業日 

  火・水・木
               
 営業時間

 11:00~17:00             

 6月営業日  

今月は不定期営業となります。 

          

          
  
         

         
  
        

        

                

        

        

        

        

      
   
   

        
         

   
mail
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク